メッセージボード

★オススメ記事ピックアップ★

通販サイトAmazon(応援して下さる方はクリックだけでもお願いします)
当ブログ電子書籍について(ブログの内容をまとめ直したものです)

<オススメ記事ランダム表示>
※ブログ内の記事がランダムに表示されます。尚、その他の記事については「全記事一覧」をご覧下さい。
2018年5月24日木曜日

「ナッツ類まとめ11」ブラジルナッツ・モンゴンゴ・マヤナッツ

この記事ではいわゆる「ナッツ類」の中でも特にブラジルナッツ・モンゴンゴ・マヤナッツについて、それに含まれている栄養素、その効果、摂取量、食べ方、その他疑問点などを私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、この記事に書かれている事は私個人の意見であり、他の方の考え方を否定するつもりはありません。色んな考え方があって良いと思うので押し付けもしません。同調したい方のみ同調して下されば幸いです。
(記事作成日時:2018/5/24)


当記事メニュー一覧

項目が多いためリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各項目の一番下にある「戻る」をクリックすればこの場所に戻ってくる事ができます。



★ナッツ類を食べる際の共通する注意点



●ブラジルナッツについて・含まれる栄養素・効果等

ブラジルナッツはツツジ目サガリバナ科ブラジルナッツ属の植物、及びその種実の事です。原産はその名の通りブラジルやベネズエラなどの南米が中心で、先住民族により数千年前から利用されてきたと考えられています。種実はナッツ類の中ではかなり大きく、直径10~15cmほどの大きな殻の中に10~20個(2~3cm)ほど入っている種子を食用にします。ちなみに現地以外での栽培は難しいとされ、受粉に関わる現地の蜂が現地の植物(蘭類)によってのみ育ち、また種子を移動させるには現地の動物(大型のネズミ類)が埋める、もしくは排泄する事が必要と言われています。

ブラジルナッツは栄養価が高く、蛋白質、脂肪、ビタミンB1、ビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、食物繊維がいずれも豊富に含まれていると言われています。この内では脂肪、ビタミンB1、マグネシウムに秀でているという情報があります。またそのように脂肪を豊富に含んでいるため、カロリーも非常に高くなっています。

尚、ブラジルナッツに含まれる脂肪は飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)、多価不飽和脂肪酸(リノール酸)で、これらがほぼ均等に含まれているようです。具体的に言えば、飽和脂肪酸<一価不飽和脂肪酸<多価不飽和脂肪酸の順で少しずつ多く含まれています。この内、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸や多価不飽和脂肪酸のリノール酸は摂取量さえ注意すれば問題は少ないが、それぞれの含有量は他のナッツ類と比べて特別多い訳ではありません。よってオレイン酸やリノール酸を摂取したい場合には他のナッツ類の方が適していると思われます。摂取する場合は脂肪の量を考えると1回多くて30g程度(200kcal)でしょう。




●モンゴンゴについて・含まれる栄養素・効果等

モンゴンゴはトウダイグサ科Schinziophyton属の植物、及びその果実の事です。原産はアフリカ大陸南部とされ、特にナミビアに現存する民族によっては7千年以上前から利用されてきたと考えられています。その果実は人間の手によって収穫される他、象の糞の中からも収穫されます。果実は厚めの皮に覆われており、乾燥した後、蒸してまず皮を柔らかくします。そして柔らかくなった皮を向いて果肉を取り出し、その果肉を食用にすると共に、果肉の中にある種子をナッツとして食べます。他、種子から抽出された油は「モンゴンゴオイル」として流通しており、保湿効果があるなどと言われています。

モンゴンゴのナッツに含まれる栄養素に関する情報は決して多くありませんが、蛋白質、脂肪、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、食物繊維がいずれも豊富に含まれているという事が分かっています。この内では特に脂肪、ビタミンE、マグネシウムに秀でているとされ、特にその中でもビタミンEが突出して多く含まれていると言われています。

またモンゴンゴのナッツにはそのように脂肪が豊富に含まれていますが、特に不飽和脂肪酸の一つであるリノール酸が豊富に含まれていると言われています。他のナッツ類では一価不飽和脂肪酸のオレイン酸の比率が大きいものが多いのですが、モンゴンゴではその点が大きく異なります。このリノール酸はその構造からω-6脂肪酸に分類され、人間にとってなくてはならない必須脂肪酸の一つです。しかし動物性の食品に多く含まれており、現代人は摂取する機会に恵まれていて過剰摂取しやすいと言われています。過剰摂取するともう一方の必須脂肪酸であるω-3脂肪酸とのバランスが崩れ、脂肪の代謝が悪化したり、アレルギー症状が出やすくなるなどと言われています。そのためゴマの摂取量や、他の摂取する脂肪酸の内容には注意が必要でしょう。




●マヤナッツについて・含まれる栄養素・効果等

マヤナッツはクワ科Brosimum属の植物であるBrosimum alicastrum(ラモンの木)になる果実の事で、現地では「ラモンブランコ」などとも呼ばれています。原産は中央アメリカで、数千年前より利用されてきたと考えられています。特に「マヤナッツ」という名がついている通り、マヤ文明では重要な食料だったそうです。

しかし近年は森林伐採の影響で急速に数を減らしており、現地でも絶滅してしまった場所が数多く存在します。そのため現在では森林の保護・復元を目的に、ラモンの木を植え育てる活動が積極的に行われているようです(日本の団体も関与)。またその活動に合わせ、現地人の間でのマヤナッツの消費や需要が拡大され、特にマヤナッツの収穫は重労働が必要なく、一度に大量の収穫が可能で生産性が高い事から、現在では経済発展の役割も果たすようになっています。

マヤナッツに含まれる栄養素に関する情報は多くありませんが、蛋白質(必須アミノ酸であるトリプトファンが多いとされる)、ナイアシン、ビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、食物繊維などがいずれも豊富に含まれているという事が分かっています。一方でナッツ類では一般的に脂肪が豊富に含まれている事が多いのですが、他のナッツ類と比べるとマヤナッツには糖質が多少含まれる代わりに脂肪は少なく、カロリーが低いという情報があります。

そのように利用価値の高そうなマヤナッツですが、アーモンドやピーナッツと比べるとまだまだ知名度が低く、健康志向の高い日本人でも知っている人は多くありません。コーヒーなどは一応ありますが、店頭で見る機会も多くないでしょう(通販サイト→マヤナッツWEBショップ等)。しかし「脂肪が少ないナッツ類」というのはそれだけで珍しいものですし、これから少しずつ注目されていくかもしれません。個人的にももう少し入手が容易になれば良いなと思います。




★オススメの商品・サプリメント等一覧

ジーベーガー ブラジルナッツ 200g MRM コンプリートビタミンE
NOW Foods 脂溶性ビタミンC 500mg LIFE STYLE マルチビタミン・ミネラル