メッセージボード

★オススメ記事ピックアップ★

通販サイトAmazon(応援して下さる方はクリックだけでもお願いします)
当ブログ電子書籍について(ブログの内容をまとめ直したものです)

<オススメ記事ランダム表示>
※ブログ内の記事がランダムに表示されます。尚、その他の記事については「全記事一覧」をご覧下さい。
2018年5月27日日曜日

「ベリー類まとめ5」アサイーとクランベリー

この記事ではいわゆる「ベリー類」の中でも特にアサイーとクランベリーについて、それに含まれている栄養素、その効果、摂取量、食べ方、その他疑問点などを私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、この記事に書かれている事は私個人の意見であり、他の方の考え方を否定するつもりはありません。色んな考え方があって良いと思うので押し付けもしません。同調したい方のみ同調して下されば幸いです。
(記事作成日時:2018/5/27)


当記事メニュー一覧

項目が多いためリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各項目の一番下にある「戻る」をクリックすればこの場所に戻ってくる事ができます。



★ベリー類を食べる際の共通する注意点



●アサイーについて・含まれる栄養素・効果等

アサイーはヤシ科エウテルペ属の植物及びその果実の事で、他のベリー類と違ってヤシの木の仲間です。原産はブラジル・アマゾンとされ、各地に自生しています。日本においては近年「アサイーは栄養価が高く健康に良い」として注目されており、需要が高まっています。ちなみに通常アサイーは20mの大きな木になりますが、2m程度の低木のものもあり、こちらは日本でも育てる事ができるそうです。

アサイーに含まれている栄養素に関する情報は多くありませんが、私が調べた限りでは糖質、脂質(不飽和脂肪酸)、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、鉄分、カルシウム、ポリフェノール類などが含まれていると思われます。この中ではポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれていると言われています(100g当たり4g前後とされ、それが本当ならばベリー類の中では確かにトップクラス)が、それ以外の栄養素は他のベリー類と比べて特段多い訳ではなく、また果実全体と比べてもごく平均的な含有量です。「栄養が高い」とは言えないでしょう。

アサイーではよく「食物繊維・鉄分・ポリフェノール類が豊富に含まれている」と謳われています。確かにドライフルーツに加工すれば100g当たりの水分量が減り、それらの栄養素の割合は高まるでしょう。しかしそうして栄養素の割合が高まったとしても、元々栄養価が低ければたかが知れています。実際にアサイーだけでビタミン・ミネラル・ポリフェノール類を摂取しようとしたら相当量食べなければならず、現実的ではありません。摂取量の目安は特にありませんが、過信は禁物だと思います。

またもし仮に「鉄分が豊富」だという点が真実だったとしても、植物性の食品に含まれる鉄分(非ヘム鉄)は動物性の食品に含まれている鉄分(ヘム鉄)よりも吸収率が悪いと言われています。更に赤血球を作るためにはビタミンB群も必要であり、アサイーにはこのビタミンB群が欠けています。よってアサイーを摂取するだけでは鉄分の補給としては不十分であり、アサイーを摂取するだけで貧血が改善されるなどと安易に考えるべきではないでしょう。無論ですが「視力が回復する(ポリフェノールに効果があっても、決して目だけに作用する訳ではない)」などの効果もないので過信は禁物です。




●クランベリーについて・含まれる栄養素・効果等

クランベリー/ツルコケモモ
クランベリーはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属の植物及びその果実の事です。原産は北アメリカとされ、現地の先住民族の間で古くから利用されてきたと言われています。現在では各地で栽培され、特に日本ではその健康効果から近年需要が高まっています。

クランベリーに含まれているビタミンやミネラルは、ビタミンCやマンガンが多少含まれている以外特徴がなく、全体的な栄養価は高いとは言えません。一方、糖質は他のベリー類と比べると少なく、食物繊維は素の状態でも豊富に含まれています。ドライフルーツに加工すれば更にその比率が高まるため、この点は他のベリー類よりも優れていると言えると思います。摂取量の目安は特にありませんが、一回に数百粒食べなければ特に問題ないでしょう。

またクランベリーにはアントシアニンなどのポリフェノール類が豊富に含まれているとされる他、酸味が強い事からクエン酸などの有機酸も豊富に含まれているものと思われます。特にクランベリーに含まれるポリフェノールは他のベリー類とは構造が異なるとされ(プロアントシアニジン)、それによる強い抗酸化作用があると言われています。この他、一説には抗ストレス作用、粘膜での抗菌作用(アルブチンによる尿路感染症の抑制等)、コレステロール値の抑制作用(ポリフェノールによる効果なのかは定かではない)などがあるとも言われています。




★オススメの商品・サプリメント等一覧

冷凍パルプアサイー 100g×4 クランベリー 1kg 香料・保存料不使用
NOW Foods 脂溶性ビタミンC 500mg LIFE STYLE マルチビタミン・ミネラル