メッセージボード

★オススメ記事ピックアップ★

通販サイトAmazon(応援して下さる方はクリックだけでもお願いします)
当ブログ電子書籍について(ブログの内容をまとめ直したものです)

<オススメ記事ランダム表示>
※ブログ内の記事がランダムに表示されます。尚、その他の記事については「全記事一覧」をご覧下さい。
2018年5月24日木曜日

「ナッツ類まとめ13」栗の効果・摂取量等

この記事ではいわゆる「ナッツ類」の中でも特に栗について、それに含まれている栄養素、その効果、摂取量、食べ方、その他疑問点などを私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、この記事に書かれている事は私個人の意見であり、他の方の考え方を否定するつもりはありません。色んな考え方があって良いと思うので押し付けもしません。同調したい方のみ同調して下されば幸いです。
(記事作成日時:2018/5/24)


当記事メニュー一覧

項目が多いためリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各項目の一番下にある「戻る」をクリックすればこの場所に戻ってくる事ができます。



★ナッツ類を食べる際の共通する注意点



●栗はどういう食品?

栗はブナ科クリ属の植物であるクリの事、及びその木になる果実(ナッツ類としては扱われない事が多い)の事です。原産は日本や朝鮮半島の南部とされ、日本では既に縄文時代には栽培され、主食の一つとしても利用されていたと考えられています。クリは環境の変化にも比較的強い(極暑・極寒でなければ)事から日本全国で自生しており、特に多くの昔話や童謡などに登場する事から、日本人にとって非常に馴染みのある食べ物の一つとなっています。


●栗に含まれている栄養素

栗は糖質、ビタミンB1(糖の代謝補助)、パントテン酸(代謝補助)、ビタミンB6(蛋白質合成等)、葉酸(核酸合成・赤血球合成等)、ビタミンC(抗酸化・コラーゲン合成)、カリウム(ナトリウム・水分排出)、食物繊維などの栄養素をバランス良く含んでいます。

他のナッツ類と比べると突出してはおらず、全体的な栄養価が高いとは言えませんが、カリウムに関しては芋類と同程度の含有量、またビタミンCは同じ量を食べる場合、皮なしレモン果汁の半分程度の量を含んでいます。一方、他のナッツ類と比べると蛋白質や脂肪は殆ど含まれておらず、カロリーは低くなっています。その代わりに糖質に関しては豊富に含まれており、甘みがあります。


●栗の欠点を考える

そのように栗は決して栄養価が高いとは言えず、ビタミンではビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEが欠けています。ビタミンB群に関しては前述のように全く含まれていないという訳ではないですが、他の栄養価の高いナッツ類と比べると大きく劣っています。またミネラルはそれ以上に栄養価が低く、カリウム以外のミネラル(特にカルシウム、鉄、亜鉛)は含有量が低いか殆ど含まれていません。よってそれらの栄養素は別途意識的に摂取する必要があるでしょう。

また栗には糖質が豊富に含まれています。その主成分はデンプンというブドウ糖がたくさん連なった糖であり、大量に食べると大きく血糖値を上昇させます。糖は細胞のエネルギーとして利用されますが、吸収しきれずに余った糖はやがて脂肪として蓄えられてしまいます。よってその摂取量には注意が必要でしょう。尚、筋肉量の多い人や運動習慣のある人では糖の消費量が激しいため、そのような人では栗は有用なエネルギー源になります。

もし仮にですが、栗だけで1日に必要な炭水化物の量を摂取しようとした場合、1回の摂取量は多くて300gまでとなります。もちろんそのような極端な食べ方をする人などいないと思いますが、実はご飯300gを食べても同じ量の炭水化物を摂取できます。それだけ栗は糖質が豊富なのです。全体的な栄養価は異なりますが、白米の代わりに栗を食べても同じという事です。過信しない方が良いでしょう。


★オススメの商品・サプリメント等一覧

富士 JAS認定有機むき甘栗 300g アクアヴィータ ビタミンB群+葉酸
NOW Foods 脂溶性ビタミンC 500mg LIFE STYLE マルチビタミン・ミネラル