メッセージボード

★オススメ記事ピックアップ★

通販サイトAmazon(応援して下さる方はクリックだけでもお願いします)
当ブログ電子書籍について(ブログの内容をまとめ直したものです)

<オススメ記事ランダム表示>
※ブログ内の記事がランダムに表示されます。尚、その他の記事については「全記事一覧」をご覧下さい。
2018年5月28日月曜日

「筋トレ法・ストレッチ法」に関する記事の一覧

この記事は「筋トレの方法」「ストレッチの方法」について書かれた当ブログの記事を一覧にしてまとめたものです。尚、筋トレや運動習慣に関する基本的な知識についてはこちらの『「筋トレ豆知識集」に関する記事一覧』などをご覧下さい。

  • 「ストレッチ法1」腰痛・膝痛予防編
  • 主な内容 - 腰痛や膝痛を予防するためのストレッチ法についてまとめています。
  • 「ストレッチ法2」首・肩コリ予防編
  • 主な内容 - 首や肩、肩甲骨周りにある筋肉のコリを予防・改善するためのストレッチ法についてまとめています。
  • 「筋トレ法1」反射神経を鍛える方法について考える
  • 主な内容 - 「反射神経を高めるための考え方」「反射神経を鍛えるためのトレーニング法」「生活習慣」「効果があると思われる栄養素・サプリメント」などを中心に扱っています。
  • 「筋トレ法2」足の裏側にある筋肉を鍛えるトレーニング法
  • 主な内容 - 足の指や足の裏側にある筋肉を鍛えるためのトレーニング法についてまとめています。
  • 「筋トレ法3」バストアップのためのトレーニング法
  • 主な内容 - バストアップを目指す人のためのトレーニング、特に大胸筋・広背筋などの筋肉を鍛えて大きくするためのトレーニング法についてまとめています。
  • 「筋トレ法4」腹筋を割る・クビレ・ヒップアップ
  • 主な内容 - 腹筋を割る、クビレを作る、ヒップアップをする方法、特に腹筋・腹斜筋・大臀筋・中臀筋を鍛えるためのトレーニング法についてまとめています。
  • 「筋トレ法5」二の腕・太もも・ふくらはぎの引き締め
  • 主な内容 - 二の腕、太もも、ふくらはぎを引き締める方法、特に上腕三頭筋、上腕二頭筋、大腿四頭筋、ハムストリングスなどの筋肉を鍛えて引き締めるためのトレーニング法についてまとめています。
  • 「筋トレ法6」肩のいわゆるインナーマッスルについて
  • 主な内容 - 肩のいわゆるインナーマッスル(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋、小胸筋、前鋸筋、菱形筋など)について、それに関する注意点や鍛えるためのトレーニング法についてまとめています。
  • 「筋トレ法7」肩を大きくするためのトレーニング
  • 主な内容 - 肩の筋肉(三角筋、僧帽筋、大円筋、広背筋、大胸筋など)を鍛えて大きくするためのトレーニング法についてまとめています。
  • 「筋トレ法8」顔・舌・喉・頭のストレッチ・トレーニング
  • 主な内容 - 顔・舌・喉・頭にある皮膚・筋肉などへの血流を促すためのマッサージ・ストレッチ・トレーニングの方法や、その注意点などについて私なりにまとめています。
  • 「筋トレ法9」太ももの筋肉を大きくするトレーニング
  • 主な内容 - 太ももにある筋肉(大腿四頭筋、ハムストリングス、大臀筋など)を鍛えて大きくするためのトレーニング法についてまとめています。
  • 「筋トレ法10」握力を鍛えるためのトレーニング法
  • 主な内容 - 握力を鍛えるための考え方や生活習慣、サプリメント、そして主にトレーニング法(リストカール、リバースリストカール、リストハンマー、リバースリストハンマー、スピネーション、プロネーション、摘む・挟む・伸ばす・開く、ハンドグリップ、ネガティブトレーニング等)についてまとめています。
  • 「筋トレ法11」指先の感覚を研ぎ澄ますためのトレーニング
  • 主な内容 - 指先の感覚を研ぎ澄ますための方法、特にそのトレーニング法(主に指先タッチ法)や神経伝達をスムーズに行うための考え方・生活習慣・サプリメントなどを扱っています。
  • 「豆知識集5」膝・腰・肩の痛みとその対策を考える
  • 主な内容 - 体に関する悩みの中でも特に「膝の痛み・腰の痛み・肩の痛み」に関する情報をまとめています。項目は「膝や腰の痛み(アイシング、膝の痛みの原因を考える、患部より遠い場所から順にケアしていく、膝の痛みと腰の痛みの関係、軟骨の修復)」「肩の痛み(アイシング、肩や腕の動作に関係する筋肉は様々、骨盤の傾きと肩コリ、ストレス・気温と肩コリ、触診の重要性など)」「怪我の回復に良い栄養素とその食べ物」となっています。
  • 「豆知識集30」視力・動体視力を改善する方法
  • 主な内容 - 体に関する悩みの中でも特に「視力・動体視力の維持・改善・向上する方法」に関する情報をまとめています。項目は「目を酷使した時のケア(アイシング、全身運動、効果がありそうな栄養素、目に負担のかからない生活習慣を心がける、オススメのサプリメント・他あると便利なもの、マッサージ)」「視力・周辺視野・動体視力を改善するためのストレッチ・トレーニング」となっています。